乳歯が欠けた…そんな場合の対処法は?

こどもは動き回るのが大好き。

ちょっと目を離したすきに…コロンっと転んでしまい、歯が欠けてしまった。

そんなことはないでしょうか?

A さん
乳歯って、あれでしょ? 仮歯みたいなもんでしょ? どうせまた生えてくるんだから、別にいいんじゃない?

いいえ、そういうわけにはいきません。

乳歯って、とっても大事なんです

ここでは、乳歯についての基本から、ケアの方法、万が一欠けてしまった場合の対処法をまとめてみます。

まず、乳歯って?

まず、乳歯とはいったいなんなのでしょうか?
ブリタニカ国際大百科事典では、以下のように定義されています。

ヒトでは歯が2回萌出するが,最初に生えるほうを乳歯という。上下顎の左右にそれぞれ5本ずつ,計 20本ある。(ブリタニカ国際大百科事典より)

乳歯の役割は、主に4つあります。

食べ物をかむ

食べ物をかむことによって、唾液が分泌されます。
唾液の中に含まれる酵素は、消化吸収を助け、胃腸の負担を軽減させます。

また、唾液は酸性に傾いた口の中を中和させる力も持っています。酸化が長引くと、虫歯菌の活動を強めてしまい、虫歯になりやすくなってしまいます。
そうさせないためにも、よくかむ習慣を身につけさせるのがよいです。

発音を助ける

虫歯等で歯を失ってしまうと、一部の発音(カ行、サ行、タ行等)がうまくできなくなります。
そうなると、コミュニケーションしづらかったり、誤った発音の方法を覚えてしまいます。

言葉を覚えていく時期だからこそ、そういったことは大切にしなければなりません。
特に前歯は重要です。

あごの発育を助けて顔の形を整える

乳歯は、10~12歳頃まで(奥の乳歯が抜ける頃まで)、あごの骨の成長を促進させる力があります。
また、あごは歯を支えている土台のようなもの。
歯がなくなってしまうと、それらのバランスが崩れてしまい、成長段階で歪んでしまう可能性があります。

永久歯が生えるときの目印になる

乳歯は永久歯のためのナビゲーターの役割もしています。
この乳歯が欠けてしまうと、欠けたスペースを埋めるように周りの歯が寄ってきてしまいます。
すると、永久歯が生える際に、方向がずれてしまい、その結果、歯並びが悪くなってしまいます。
綺麗な歯並びにするために、歯のケアはきちんと行いましょう。

この4つが乳歯の特徴です。

A さん
どうせ生え変わるから…
そんなふうに思っていると、大変なことになってしまいます。

乳歯のケアの仕方について

乳歯のケアは、年齢によって違ってきます。
ここでは、年齢別に分けて書いてみます。

乳歯が生えてくるまで(生後半年頃まで)

まだ歯は生えていませんが、口の中は綺麗にしておく必要があります。
もともと赤ちゃんの口の中にはほとんど細菌がいません。
しかし、徐々に周囲の環境等から口腔内に細菌が入ってきて、細菌叢(微生物の集団のこと)ができあがってきます。
「赤ちゃんの口の中には細菌がいないから…」といってケアを怠るのではなく、いまのうちに十分に習慣づけをしておきましょう。

ただし、無理して行う必要はありません。
口腔ケアをしなきゃ! と身構えてしまうと、赤ちゃんに余計な力が加わってしまったり、事故につながってしまったりする恐れがあります。

特に生まれたばかりの頃は、歯ぐきが傷つきやすいのです。
赤ちゃんがリラックスしているときに、湿らせたガーゼや滅菌シートで拭いてあげるのがいいでしょう。

乳歯の生え始め~前歯が生え揃うまで(生後半年頃~1年頃)

歯が生え始めてきたら、ベビー用歯ブラシデビューです。
この時期もまだ歯ぐきが傷つきやすいので、ゴム製等の柔らかい素材の歯ブラシを使うようにしましょう。

歯が生え揃ってきたら、歯磨き粉の使用を検討してみましょう。
歯磨き粉は、フッ素入りのものを使うのがおすすめです。
小児歯科専門医に診てもらって、フッ素を塗布してもらうこともできます。

A さん
えっ。フッ素って毒なんでしょ? 赤ちゃんの歯みがきに使うのはまずいんじゃないの

そんなことはありません。
たしかにフッ素自体は人体にとって良くないものですが、歯磨き粉に含まれているのはごく少量です。

乳歯というのは、エナメル質が弱いです。
エナメル質とは、歯の外側部分のことです。
乳歯のエナメル質にはたくさんの穴が空いており、フッ素を塗布することにより、唾液に含まれるミネラルを効率よく取り込むことができます。

奥歯が生える~奥歯が生え揃うまで(生後1年半~2年頃)

自分で歯みがきをしたがる年頃です。
実際に持たせて、歯みがきをさせてみましょう。
歯みがきで喉つき等の事故につながらないよう、柔らかい素材のものがおすすめです。

自分で磨く、といっても、きちんと磨くことはできません。
かならず仕上げ磨きをしてあげましょう。

A さん
でも仕上げ磨き嫌がるのよねぇ…

嫌がるお子様を、歯みがき好きにするためにはどうすればいいでしょうか?
無理やり仕上げ磨きをするのもいいですが、そういうのが続くと大変だと思います。
いまは携帯で、楽しく歯みがきの大切さを教えてくれる動画がたくさんありますので、そちらを見せながら仕上げ磨きをする、という方法もあります。

子供が歯みがきを好きになる!?YouTube動画♡(●´ω`●)

それでも…といった場合には、すこし肩の力を抜いてみましょう。
オーラルケアは大事ですが、だからといって強要したり、意地になったりするのは逆効果です。
無理やり仕上げ磨きを続ける前に、こどもにオーラルケアの大切さを教えたり、こどもとの向き合い方を見直してみたりしましょう。

それでも虫歯になったり、欠けちゃったりしたら…

2~3歳の時期が、一番危険です。
動き回るようになったり、いたずらするようになったり…。

また、口移し等から、親の虫歯菌がこどもに移る可能性もあります。
そうすると、いままではなんともなかったのに、急に虫歯になってしまう…そういった場合も起こりえます。
虫歯になったり、歯が欠けてしまったりしたら、すぐに歯医者さんに行きましょう。

A さん
でも虫歯かどうかわからないし、どの歯医者に行けばいいのかも知らないし…

虫歯かどうかのチェックには、このようなポイントがあります。

ポイント
  • 歯の表面に白い斑点がある
    • 歯と歯の間が黄色、黒っぽい
      • ふだんと様子が違う
こういったものは、虫歯のサインです。
すぐに歯医者さんで診てもらいましょう。

歯医者さんの中には、小児歯科専門医というものがあります。

専門医の資格は、5年以上“日本小児歯科学会”に属し、学会が認めた大学の附属病院などの医療機関において5年以上にわたり相当の臨床経験を有し、小児歯科臨床に関する報告を発表し、試験に合格した者に与えられます。
試験では筆記試験と小児歯科に関する症例の提示と諮問審査が厳正に行われます。
資格取得後も、専門医としての高い臨床レベルを維持するために、更新は5年ごとに行われ、学術大会への出席や発表、および学術誌における報告を行うことや地域の保健活動を通した社会貢献などが義務となっています。
(医療法人デンタルキッズイシタニ小児・矯正歯科クリニックより)

全国に10万4,000人以上いる歯医者さん。
その中で、厚生労働省から認可を受けた小児歯科専門医は、約1,200名です。
小児歯科専門医は、こちらで探すことができます。

日本小児歯科学会
http://www.jspd.or.jp/contents/main/doctors_list/index.html

また、歯が欠けてしまったら、欠けてしまった歯を見つけるようにしましょう
見つけたら、根本の部分ではなく冠の部分を持ち、洗わずに牛乳の中に入れておいてください。
こどもにガーゼを噛ませて、歯を入れた牛乳と一緒に、歯医者さんに持っていってください。

おわりに

乳歯は、こどもにとってとても大切なものです。
乳歯が虫歯になってしまったり欠けてしまったりすると、永久歯の歯並びや発育に問題が出てくる可能性もあります。
そうならないためにも、日々の予防と、オーラルケア意識がもっとも重要です

A さん
でもめんどくさいんだよね、そんな時間もないし…
そんな風に考えていると、大変なことになりかねません。
いま、口腔崩壊状態のこどもたちが増えてきています。

いま、こどもたちの口の中が危ない…!?【口腔崩壊のはなし】


一度、口腔崩壊状態になってしまうと、生涯に渡って治療が必要になる場合もあります。
そうなってしまうと、将来のクオリティ・オブ・ライフを低下させるだけでなく、人生そのものにとっても大変なマイナスになってしまいます。

もし、オーラルケアがめんどくさい…こども歯みがきに時間やお金をかける余裕もない…そういう風に思っている方がいたら、相談してください。

弊社では、歯ブラシの定期配送サービスを予定しています。
月額数百円で、歯ブラシや歯磨き粉が毎月(か隔月)で自宅に届くというサービスです。
まだサービス自体は始まっていませんが、「詳しく知りたい」という方は、こちらのお問い合わせまでご連絡いただけましたら、対応させていただきます!

こちらの企画では、歯科衛生士さんや栄養士さん、保育士さんから直接アドバイスをもらえたり、いろんな特典を手に入れられたりする予定です。
ぜひぜひお楽しみに!

※参考
花王ヘルスケアナビ
https://www.kao.co.jp/clearclean/oralcare/nyushi/03/
浜田市子育て支援サイト
http://www.city.hamada.shimane.jp/www/contents/1389078601308/index_k.html
おむつのパンパース
https://www.jp.pampers.com/baby/teething/article/what-should-i-do-if-my-baby-knocks-a-tooth-out

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です