子どもの歯ぎしりがうるさくて眠れない…そんなママのために、原因と快眠グッズ紹介♪

Aさん
子どもが寝ている間に歯ぎしりする……これって何かの病気かな?

やっと歯も生え揃ってきた!

食べれるものも増えてきて、うれしい!

でも、うちの子、寝ている間に歯ぎしりしてる……。大丈夫なのかな? そう疑問に思うお母さんは多いと思います!

寝心地が悪いのかな? それとも歯に違和感があるの? もしかして……何かの病気!?

心配する必要はありません!

ここでは、子どもの歯ぎしりの原因と対処法についてまとめていきます。

また、「歯ぎしりがうるさくて眠れないよ~(=_=;)」というママのために……。

快眠ができるようになるグッズも紹介しちゃいます。

子どもが歯ぎしりする原因

まず、子どもの歯ぎしりの多くは、心配しなくても大丈夫です。

歯ぎしりする理由は、新しく生えてきた歯をどうやって使えばいいか? 試そうとしている行動であると言われています。

また、これから生えてくる歯の位置やあごの位置、かみ合わせなどを調整する生理現象でもあります。

なので、歯が生えてきた~生え揃ってきたあたりのお子様にとっては、「歯を使う練習」

歯が永久歯に生え変わってきたあたりのお子様にとっては、「バランス調整」

そう考えてください。

ですので、その年齢に当てはまる子で、「よく歯ぎしりするんだけど大丈夫なのかな……」って不安に思われている場合は、基本的には心配しなくても大丈夫です。

サンスター千里歯科診療所の坂井先生によると、子どもの歯ぎしりは基本的には治療しないそうです。
(【歯科医監修】大人も子どもも?歯ぎしりの原因と対策<子ども編>『https://www.club-sunstar.jp/article/lifestyle/brushing/951/』)

安心ですね(^^)

歯ぎしりの対処法

それでも気になる~!

どうしても不安~!

という方は、一度歯科を受診してみてください。

歯科を受診することによって、虫歯のリスクや歯についての異変が発見できることもありますし、不安な気持ちを和らげることもできるでしょう。

最近行ってないなぁ、という方は、これを機に訪れてみるのもいいですね!

ただ、子どもの歯ぎしりは生理現象であり、また成長の証でもあることから、『子どもの歯ぎしりを止める』ことよりも、『子ども歯ぎしりを気にしない』ことのほうが大事です。

子どものを育てるのは親の仕事。

お母さん、お父さんが寝不足で体調を悪くしてしまうと、一番良くありませんよね。

なので、快眠のためのグッズをいくつか紹介してみたいと思います。

かぶって寝る快眠ドーム【IGLOO(イグルー)】

頭を囲い込むドーム型の快眠グッズです。

暗くて狭いところって……なんだか落ち着きませんか?

イグルーを使うと、周りの音や光がシャットダウンされるので、ゆっくり眠ることができます。

簡単に畳んだりできるようになっているので、日中、子どもが寝静まったときのお昼寝にも使えます!

よかったらこちらをチェックしてみてください!


夜間の良質な睡眠をサポートするサプリメント【快眠りずむ】

こちらはサプリメント型の快眠グッズです。

疲労軽減や安眠効果のあるL-テアニンという成分を多く含んでいるサプリメントです。

2粒で番茶の66.6杯分の効果があるそうです。

お茶を飲んだときのあの「ほっ……」とする感じが66倍もある……って考えたら、すごいですね。笑

いまなら安くなっているみたいなので、こちらからどうぞ!


休息サプリ【ネムリス】

こちらもサプリメントなのですが、ハーブ系のものです。

ハーブ系なので、からだにやさしいところがポイントです(^^)

インスタグラムでも話題で、92.8%の方が満足しています!

そのネムリスですが、今回なんと86%OFFではじめられるみたいです♪

定価は7,000円ですが、下のリンクから980円で購入することができます。

よかったら見てみてくださいね(^^)



休息サプリ「ネムリス」86%OFFの980円で始められるチャンス

※このキャンペーンは他のページからリンクされていない公式サイトのみの特別価格です

さいごに…

簡単にまとめてみます。

まとめ
  • こどもの歯ぎしりは、成長の証であり生理現象
  • あまり気にしすぎる必要はない
  • それよりも、お母さんの体調や生活リズムを守ろう
hacobune.では、今後もお子様のためにがんばるママさんたちを応援していきます!

hacobune.編集部でした♪

参考
https://www.lion-dent-health.or.jp/mama-anone/baby-teeth/article/teeth-bruxism-04.htm
https://www.mcfh.or.jp/netsoudan/article.php?id=640

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です