【体験談】赤ちゃんの歯磨きは乳歯が生え始めてから!歯科衛生士ママが我が子にやった進め方

赤ちゃんの歯磨きは乳歯が生えてきてからと言いますが、どれくらい生えてきてからがいいのか悩んだことはありませんか?

ちょこっとだけしか生えてなくても磨くのか、ある程度生えてきてからするのか・・・どっちやねん!!ってなりますよね。(笑)

しかも初めてのお子さんならなおさらです。

どのように歯磨きを進めていけばいいのか、どんなものを使えばいいのかでも悩みますよね。

ガーゼから?それともいきなり歯ブラシ?自分で磨かすのがいいの?

今回は、歯科衛生士でもある私が、我が子の初めての歯磨きをどんな風に進めていったのか、お話ししていきますね。

乳歯が少し生えてきた時に歯磨きデビュー

どれくらい生えてきたら歯磨きを始めたらいいんやろ・・・って悩むママやパパも多いはずです。

私は、少し生えてきた状態からスタートさせました。

写真のようにちょこっと頭を出した感じですね。

乳歯は6ヶ月頃から生え始めるので、あなたのお子さんのお口の中もチェックしてみてくださいね。

始めは濡れたガーゼを使ってお掃除

いきなり歯ブラシを使うと、赤ちゃんはびっくりするし、痛がって歯磨きも嫌いになっちゃいます。

そうなってはあとあと困ってしまうので、まずは濡れたガーゼを人差し指に巻いて、歯を拭くようにしました。

また、歯だけじゃなく、ベロや歯ぐきとほっぺたの間なども拭いてました。

6ヶ月頃になると、離乳食が始まるので、汚れもたまりやすくなります。

うがいのできない赤ちゃんなので、お口全体をキレイにしてあげてくださいね。

お口の中をさわるのは、歯ブラシを受け入れる練習にもなりますよ。

歯の表面が見えてきたら歯ブラシに変更

歯がもう少し生えてきて、歯の表面が見えてきたら歯ブラシに切り替えました。

仕上げ用の歯ブラシのみで、子供にはまだ持たせませんでした。

磨く時は、優しくかき出すようにするのがコツです。

始めは、『なんじゃこれ!』みたいな顔してびっくりしますが、だんだん慣れるので大丈夫ですよ。

嫌がったりした時は、機嫌のいい時にやってあげてくださいね。

いきなり無理矢理やっちゃうと、【歯磨き=楽しくないこと】になってしまいます。

スキンシップの1つとして考えて、楽しくやるようにしてみてください。

赤ちゃん用の歯ブラシはおすわりが安定してから

赤ちゃんが歯ブラシを持ってガジガジやってる姿って本当に可愛いですよね。

(私も親バカ炸裂しちゃいましたw)

ただ、おすわりが安定してない時に持たせるのはとっても危険です。

歯ブラシを持って、何かのひょうしに倒れでもしたらノドをついてケガをします。

早く持たせてあげたい気持ちはわかりますが、おすわりが安定してからにしましょう。

おすわりが安定していても、赤ちゃんから目を離さないようにしてくださいね。

歯磨きのタイミングは離乳食後に

これは大人と一緒ですね。『食べたら磨く』です。

離乳食初期は1日1回なので、歯磨きも1回で大丈夫です。

離乳食の回数が増えれば、歯磨きの回数も同じように増やしてください。

もし、離乳食後にできなければ、機嫌のいい時にしてあげてくださいね。

できない時があっても自分を責めず、次の日はしてあげよう!くらいでいいですよ。

肩の力を入れすぎると、しんどくなりますからね。

歯科衛生士の私も、できない時がありましたから(笑)

歯磨きの進め方まとめ

赤ちゃんにとっての初めては、ママやパパにとっても初めての事なので不安はあると思います。

小さなお口の中をさわるなんて怖いですよね。

でも、大丈夫です。少しずつ進めていけば、赤ちゃんも慣れてきますよ。

今回の歯磨きの進め方をまとめると・・・

歯磨きの進め方
  • 乳歯が生え始めたら濡れたガーゼからスタート
  • 歯の表面が見え始めたら歯ブラシに変更
  • 赤ちゃん用歯ブラシはおすわりが安定してから
  • 歯磨きのタイミングは離乳食後

この3点です。

赤ちゃんの可愛いい歯は、永久歯に生え変わるまで使うので大事にしてあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です