野菜を嫌がる子供に「おいしさ」を覚えてもらおう!味覚の形成のためにやりたい3つのこと

お野菜が嫌い・お菓子しか食べてくれない・新しい食べ物は嫌がる

お子さんがもし、そうだったらちょっと寂しくないですか?

成長していくために、必要なのは「食べ物」です。食べて欲しいのに食べてくれない。

そうなると、心配になりますし、用意したご飯も無駄だったのかな。と落ち込んでしまいませんか。

子供が食べてくれない原因は、

「味覚の発達」が関係しているかもしれません。

子供の味覚の発達のために

  • ①砂糖を避ける
  • ②野菜に触れさせる
  • ③生活習慣を整える
の3つがオススメです。

子供の味覚の発達

味覚は、乳幼児期の0~5歳に基礎形成されます。

この時期に、「自然の味、食材本来の味」を体験させてあげることが味覚の発達に繋がります。

味覚は、この食材は安全か。口にしてもよいものなのか。確認するためのもので

最初は、甘さを中心に受け入れますが、野菜など苦味のあるものは「危険なもの」と感じ嫌がります。

口にしては、嫌がることは普通のことです。

「味は記憶」ともいわれ、食べたときの雰囲気や食材の色、におい や 音なども味覚に関わり

周りの大人たちが「美味しそうにする」「食べても大丈夫なんだよ」ということを伝えることで子供たちも学習していきます。



やってあげたい3つのこと

砂糖は避ける

3歳ごろまでなるべく砂糖を食べさせるのを避けることです。

砂糖は、大人にとっても魅力的でたいへん美味しいものです。

子供にとっても、1度その美味しさを知れば「また食べたい」「もっと食べたい」と思わずにはいられません。

そのため、砂糖の摂取が味覚の発達の妨げになっている可能性が高いんです。

野菜や果物、ごはんなどにも砂糖とはちがう「甘さ」があります。

砂糖ばかりの甘さに慣れてしまうと、その「甘さ」に気付くことができなくなり

繊細な味の認識ができなくなってしまうのです。

結果、味をたのしむ範囲が狭くなり一定の食べ物しか食べれません。

あるいは、甘いお菓子しか食べなくなってしまうので

なるべく3歳児になるまでは砂糖の摂取を控えてあげることをオススメします。

野菜を持たせる

生後4ヵ月くらいの時期から、スティック状の野菜を持たせて

触らせたり、口にさせるのが効果的です。

この時期になると、手に持ったものをなんでも口に運ぶようになります。

これを利用してなめさせる。口に入れてみる。という体験をさせてあげてください。

食べる事が目的ではなく、野菜や様々な食材に触れる、知ることが目的です。

最初は嫌がるかもしれませんが、繰り返すことで野菜のおいしさに気付いて

しゃぶる時間が長くなります。

野菜に早くから「慣れる」ことで好き嫌いなく食べてくれるようになります。

成長してからも、食材は食べるだけじゃなく触れる・見るなどをすることで

好きになってくれますよ。ぜひ、たくさん野菜と触れ合う時間をつくってあげてください。

生活習慣を整える

基本は1日3回の食事をしっかり取ること。

早寝早起きをすることです。

1日の活動時間をしっかりと取り、遊ばせる、食べる、寝るのサイクルを

まわしてあげることでお腹が空いたら、ごはんを食べる習慣をつけてあげましょう。

生活習慣が整ってないと

食べたい時に食べ、寝たい時に寝るわがまま習慣になってしまい

好きなものしか食べない。嫌いなものは嫌いのまま。になってしまう原因にもなり得るのでご注意を!

さいごに

いかがだったでしょうか。

いろんな食材を好き嫌いなく食べて欲しいと願うものです。

そのために、赤ちゃんにやってあげられる3つのことをご紹介しました。

お野菜もたくさん食べて、なんでも「美味しい」といえる人生をつくってあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です